新築外壁デザイン工法-香川県高松市多肥上町

このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県高松市多肥上町にて、新築物件外壁のデザイン工法を施工させていただきました。

今回はアクセント部分のみ施工となりました。

下地は、通気工法でラスモルタル下地を施工し、下地造りをしています。

外壁塗装に関わらず、塗装するには下地処理が重要です。

下地処理が不十分であれば、塗装の良し悪しも変わります。

下地造りができれば、いよいよデザイン工法の外壁塗装を行なっていきます。

1工程目のシーラー塗布。

2工程目の下塗り。

3工程目で吹付で材料を配り、

鏝を使用してパターンを描いていきます。

仕上りはこちら

ボリュームのある素敵な装いとなりました。

香川県高松市外壁塗装なら川田建装へ

香川県外壁塗装なら川田建装へお任せくださいませ。

コメントを残す